農畜産業振興機構が入るビル(東京・麻布台)
農畜産業振興機構が入るビル(東京・麻布台)

 農畜産業振興機構は29日、加工原料乳生産者経営安定対策事業(ナラシ)の発動を発表した。2021年度の加工原料乳取引価格が基準を下回った。補填単価は1㌔当たり2円31銭で補填総額は約79億円の見込み。10月以降に加入生産者に支払う。ナラシの発動は20年度の75銭に続き2年連続。