道内では1番牧草の収穫作業が本格化している(写真は鹿追町農協提供)
道内では1番牧草の収穫作業が本格化している(写真は鹿追町農協提供)

 〔札幌〕北海道の酪農主産地で、1番牧草の収穫開始が遅れたり、作業が停滞する地域が散見される事態となっている。今月から本格的な収穫期に入ったものの、降雨と曇天を繰り返す天候が続いているためだ。予報では今後の空模様も広い範囲でぐずつく見通し。酪農関係者からは、刈り遅れに伴...